×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・光熱費について
おすすめする割合:5%〜10%、

省エネ家電で賢く節約。エコ家電をお探しでしたら寄ってみてください。
電気、ガス、水道など、光熱費といてもいろんなものがかかってきます。
オール電化の家にお住まいの方はガス代のかからない場合もありますし、
場合によっては家賃に含まれている場合もあります。
(某大手賃貸業様ではすべて一括、1年払いというプランもありました。割高でしたが…)

光熱費は冷暖房機器によって結構左右されるため、
夏・冬は高くなり、春と秋は安くなる傾向があります。

また、使用する冷暖房機器によって電気代も大きく左右されます。
エアコンは製造年月が古いものほど、電気代も高くなりますし、
効率も悪くなります。

冬の場合、様々な暖房機器があり、どれを使えばいいかは生活スタイルにより分かれます。
(一人、二人暮しの場合はこたつ+セラミックヒーター※今の我が家がこれ。)
省エネ家電で賢く節約。エコ家電をお探しでしたら寄ってみてください。

割合計算へ戻る トップページへ戻る