×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・食費について
おすすめする割合:5%〜15%、多くても20%以下。

オンラインでお得な食品をお探しならこちら。
食べていかないと生きてはいけません。
食事をするためにはお金もかかります。
収入に対しての食費は高くても20%程度までに抑えることをお勧めします。
また、少しでも食費をかけたくないのであれば、自炊するのが一番だとおもいます。

自炊以外にも食費を抑える方法といたしまして、
社員食堂や・学食を利用するという手があります。
社員食堂や学食は安値というだけでなく、栄養のバランスがとれているものが多いです。

栄養のバランスのことを言いますと、私は一人暮らしを始めた時には栄養のこと考えず、
自炊していたため、太りました。
というのも節約生活をしようとしていましたが、社員食堂がなかったので
自炊をしておりました。しかし野菜をかわないで安い食材を選んで買っていたのと、
さらにあまり料理の知識を持っていなかったので、野菜炒めやチャーハン、焼きそばなど
しかできませんでした。(結局、しばらくは油でいためることしかしていなかった)

食費にお金をかけないためには、スーパーで半額シールが貼られるのを待って買い物するのもいいですし
ご実家などから野菜をおくっていただくのもいいと思います。
しかし、栄養のバランスをとった食事をしないと風邪をひきやすくなり、
医療費がかさんでしまうということ考えられます。

逆に食費に余裕があり、毎日外食でも問題ない方でも、
栄養のバランスにだけは気をつけて食事してください。
栄養のとれた食事をするために、最近では定期的にバランスの取れたお弁当を
配達してくれる業者もあるようです。

また、食事のためいろいろお店に回るのもいいとおもいます。
飲み屋さんとかでいろいろな知り合いができるときもありますしね。
ただし、飲み屋さんにいっても飲みすぎには注意してください。
飲みすぎて身体壊したら、それこそ思わぬ出費が…

オンラインでお得な食品をお探しならこちら。
割合計算へ戻る トップページへ戻る