×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・家賃について
おすすめする割合:20%〜30%、40%は超えないことをお勧めします。

自分と家族のこだわりに妥協しない住まい。【徹底的】お部屋探し物件情報
家賃は一度決まると、今後「固定費」として毎月同じ金額が出費されます。
(1年契約とか例外もありますが…)
なので最初から高すぎる家賃の住宅に住むと、家賃以外に使えるお金の額が減り、
生活に影響が出てきます。
かといって、安すぎる家賃にも考え物です。
たとえば駅から遠くなるほど家賃は安くなりますが、通勤・通学には不便になりますし、
築年数が古いと家賃が安くなりますが、新築物件と比べると、設備などに見劣りする部分があります。

家賃はおよそ手取り収入の20%位を理想とし、多くても30%も程度におさめるのが
理想的だと聞いております。
もちろん、あくまでも理想であって、現実はそういうわけにはいかないことのほうが多いと思います。

割合が多くなる方もいらっしゃるとは思いますが、逆に社宅にお住まいの方ですと
お給料に対する家賃の割合が0%あるいは少しの負担で済むかたもいらっしゃるとおもいます。

あと、「家賃」と書きましたが、住まいが賃貸でなく持ち家であった場合は「住宅ローン」として
考えることもできます。
ただし、「住宅ローン」と考える場合、その割合が多すぎることのないようにしてください。
どこかに書いてありましたが、月々の住宅ローンの支払額が40%を超えると生活に支障が出る
ともきいたことがありますので…。

自分と家族のこだわりに妥協しない住まい。【徹底的】お部屋探し物件情報
割合計算へ戻る トップページへ戻る